へぎそばは、新潟県魚沼地方が発祥のそばです。

魚沼地方と言えば…">

へぎそばと言うのはどんなものか

へぎそばは、新潟県魚沼地方が発祥のそばです

魚沼地方と言えば名高い米であるコシヒカリがとれる所として日本ばかりでなく、外国にもその地名が知れ渡っているほどです。

その魚沼地方が米だけでなく、個性あふれる美味しいそばをも作り出したのです。

そのそばは「へぎ(片木)」という剥ぎ板で作った四角い器に、冷やしたそばを一口程度に丸めて綺麗に盛り付けたそばのことです。

この一口程度に丸めて盛り付けたものを手繰りと呼んでいます。

つまり、へぎの上に手繰りがあるのがへぎそばなのです。

普通のそばでは手繰りにするのが難しいので、布海苔(ふのり)をそばのつなぎに使ったコシの強いそばでないと、手繰りを作ることはできません。

一般的にそばのつなぎに使うのは小麦粉、山芋、卵白などが多いのですが、このそばは布海苔を使っています。

布海苔は海藻の一種で、昔は織物の仕上げの糊付けに使われることが多かったらしく、これは織物の生産としても有名な新潟県民の知恵が生み出したものだと言えます。

そばは布海苔を使っているので、食感がとてもよい上に喉越しもよいのが特徴です。

そばをわさびと一緒に食すると独特の風味が出て、更に美味しくなります。

新潟の郷土料理のそばですが、わざわざ新潟に赴かなくても、都内でもこれが食べられるレストランが何か所かあります。

美味しいそばに舌鼓を打ちながら、新潟産の清酒を飲むのもまた乙なものです。

さあ、早速へぎそばを食べてみませんか。